国立新美術館の、裏側の玄関(乃木坂のほう)から
六本木トンネルをくぐると壁面にアートを見る事ができます


桑久保徹さんという方の、作品
つながりをもとめて懸命に穴を…
見ていてなんとなく不安になっちゃう絵だった
この人たちは、こんなに一生懸命掘り続けて、
いつか穴と穴がくっついて出会う時はくるのかなぁ?
ちょっと今私が疲れてるからそう思うだけかも
いつか会えるといいな

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事:

ゴッホ展 -こうして私はゴッホになった
小さな空

Comment now!
















Trackbacks